根管治療が必要になる時|矯正歯科で見た目を美しく|目立つ部分のエチケット

矯正歯科で見た目を美しく|目立つ部分のエチケット

歯型

根管治療が必要になる時

笑顔

虫歯を放っておくと

月島地区の一つである勝どきは、地下鉄駅付近に歯科が集結しています。そして地区の中では勝どきが一番人口が多く、IT企業などもあるので働き盛りの若い世代が多い傾向にあります。そのため21時まで開業したり日曜診療を行ったりして、仕事が終わってから行けるように配慮している歯科が沢山あります。虫歯が気になったら早めに治療に行きましょう。虫歯が進行して歯髄まで影響が及んだり根が病気に罹ったりしたら、根管治療しなければいけません。根管治療は細菌に侵された神経などを器具でしらみつぶしに取り除いて、根管を綺麗にしてから詰め物をします。治療せずに放っておくと歯が痛むだけでなく、根の周りの組織が炎症を起こすことや歯肉が腫れることがあります。さらに酷くなると、リンパ節が腫れ熱を出すこともあるのです。

根管治療の歯医者選び

根管治療は直接目に見えない部分で一人一人違う形のため、非常に難しい治療です。治療が完璧でないと詰め物やかぶせ物をした後に細菌が増殖してしまい、再治療が必要になります。酷いときは抜歯しなければいけない事態に陥ることもあるので、歯科選びは重要と言えるでしょう。根管治療の際にラバーダムを顔に被せて治療することで、外からの細菌感染を予防でき治療の成功率を高めると言われています。しかし日本では保険点数が付かないので歯科側にはメリットがなく、使う所は稀でしょう。もし勝どきで歯科選びをするのでしたら、このラバーダムを使用しているか、もしくはマイクロスコープを用いているかを聞いてみると良いかもしれません。また専門医や認定医であることも治療に期待できるポイントとなります。そうでなくても勝どきには根管治療を得意とする歯科医もいるかもしれません。症例数や説明などを聞いて判断しても良いでしょう。